画面転送方式の種類

シンクライアントには様々な方式がありますが、画面転送方式の中から「ターミナルサービス(TS)方式」、「ブレードPC(クライアントブレード)方式」、「仮想PC方式」の3つを紹介します。

ターミナルサービス(TS)方式

ターミナルサービスを用いて、1台のサーバーを複数ユーザー(数十ユーザー)で共有する方式です。
他方式と比較して運用が楽で1ユーザーあたりのコストも一番低く抑えることが出来る反面、同一サーバー上のユーザー環境は統一されたものになります。画面転送方式の中では最も普及している方式です。

ブレードPC(クライアントブレード)方式

サーバーではなく、ユーザー毎にたくさんのPCブレードを用意した方式です。
PCブレード上にWindows XP/Vista、LinuxなどのクライアントOSとアプリケーションをインストールします。PCブレード毎にOSやアプリケーション構成を変えることが出来るので、各ユーザーに最適な環境が提供出来る反面、管理・運用は複雑になります。 また、今までPC分で済んでいたコストが、比較的高価なブレードサーバと端末になるため、全体の価格が高くなりがちです。

仮想PC方式

サーバベース方式とブレードPC方式との折衷とも言える仕組みです。
サーバ上で、 VMWare、VirtualBoxなどを使った仮想マシンを複数実行させます。物理的には1台のサーバ機が複数のPCの役目を担う形になります。

パソコンとシンクライアント(画面転送方式・ネットブート方式)の比較

# Windows, Windows 2003 Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
# その他、本ホームページに記載されている会社名、製品名、ロゴは、各社の商標または登録商標です。